脂性肌、乾燥肌、敏感肌…肌質別洗顔料選びのポイント!

脂性肌の洗顔料選びのポイントと注意点

脂性肌の洗顔料選びではいかに余分な皮脂をしっかり除去できるかどうかが最大のポイントとなるわけですが、たんに洗浄力ばかりを意識して選んでしまうと肌環境にあまりよくない製品を選んでしまう恐れがあるので注意しましょう。

脂性肌が好む合成界面活性剤もリスクがあるので注意が必要

脂性肌と洗顔料

洗浄力を重視して検討していく合成界面活性剤が配合された製品を選んでしまうこともあります。

 

石油系をはじめとした合成界面活性剤は確かに洗浄力においては非常に優れたメリットを備えているのですが、その一方で肌への負担が大きいという難点があります。

 

脂性肌は乾燥・敏感肌ほど刺激に対して敏感な状態ではないのでそれほどダメージを気にする必要はありませんが、皮脂膜の形成に必要な皮脂まで除去してしまうと表面の保湿力が低下してしまう恐れがあります。

 

その結果それを補うため皮脂の分泌量がますます増加し、毛穴を詰まらせてしまうリスクが増加します。

 

さらに合成界面活性剤の泡は粒子が粗く、毛穴の奥にまで入り込めずに汚れを除去できない傾向も見られます。

 

脂性肌の方はとりわけ毛穴の汚れに対して敏感になる必要があるだけに注意しましょう。

油分が多い脂性肌には固形石鹸がオススメ

もうひとつ、油分が多く含まれていないかどうかも洗顔料選びにおける大事なポイントです。

 

脂性肌は油分が多いため、油分が多い洗顔料を使用するとますます油っぽい状態になってしまいます。

 

例えば乾燥肌・敏感肌用の洗顔料の中には皮膚表面を油分の膜で覆って保護するタイプの製品もありますが、こうした油分が多めの洗顔料は脂性肌には適さないので注意しましょう。

 

こうした理由から脂性肌には固形石鹸が適しているといわれます。

 

泡立ちが良く低刺激なので敏感肌・乾燥肌にも適しているといわれている固形石鹸ですが、毛穴の奥の汚れをしっかり除去できるうえ、フォームタイプに比べて油分の含有量が数分の1程度と脂性肌にとっても使いやすい面が備わっています。

 

脂性肌の場合は洗顔料に保湿成分などの有効成分を求める必要はありませんから、しっかりと毛穴の汚れを落とし、肌の水分と油分のバランスを整えることができる製品を選ぶようにしましょう。

 

洗浄力ばかりにとらわれるのではなく、脂性肌に適したメリットを備えているかどうかに着目して選んでいきたいところです。

敏感肌で使ってみたい肌に優しい洗顔料口コミ人気ランキング

乾燥肌の洗顔料選びのポイントと注意点

乾燥肌が洗顔料を選ぶ時にはこれ以上乾燥を悪化させないかどうかが第一のポイントとなります。

 

とくに現代人は誤った洗顔が原因で乾燥を加速させてしまっていることが多く、洗顔環境の根本的な見直しも求められています。

天然由来の洗浄成分・アミノ酸系の洗浄成分が配合されたものを選ぶ

乾燥肌と洗顔料

乾燥肌における洗顔の最大の問題点は「洗いすぎ」です。

 

汚れを落とそうと一生懸命洗った結果肌の保湿に必要な皮脂やセラミドまでも洗い落としてしまい乾燥を悪化させてしまうことが非常に多いのです。

 

ですからまずはマイルドな洗浄力の洗顔料を選んでいきましょう(※参照:乾燥肌の人の洗顔料の選び方)。

 

よく指摘されるように合成界面活性剤が使用された洗顔料は洗浄力に優れている一方、皮脂膜を形成している必要な皮脂までも根こそぎ除去して肌の保湿力を奪ってしまう恐れがあります。

 

もともと皮脂の分泌量が少なく皮脂膜の形成が十分ではない乾燥肌の方は天然由来の洗浄成分が使用されたものを選ぶようにしましょう。

 

マイルドな洗い上がりではアミノ酸系の洗浄成分が使用された製品などがオススメです。

洗いながらも保湿できる洗顔料を見つける

またこれは敏感肌の洗顔料選びとも共通しますが、バリア機能が低下しているので肌の負担になるような防腐剤や合成香料、合成着色料、パラベンといった添加物が使用されていないものを選ぶことも大事です。

 

こうした添加物の負担が日々の使用で蓄積していくと乾燥だけでなく肌の老化の原因にもなってしまいます。

 

これらの基本的なポイントを踏まえたうえで保湿成分が含まれている洗顔料を選んでみましょう。

 

ヒアルロン酸コラーゲンセラミドといった成分を洗いながら補うことで洗顔とスキンケアを同時に行うことができます。

 

保湿対策はあくまで化粧水や美容液でのケアがメインとなりますが、乾燥が進行している方は洗顔でのケアも視野に入れてみるとよいでしょう。

 

とにかく乾燥をこれ以上悪化させないこと、これを最優先にしたうえでマイルドで肌に負担をかけずに毎日使用できる洗顔料を選ぶことを心がけた上で適切な製品を選んでいきましょう。

 

自分の肌質に合った洗顔料を見つけることができればスキンケア環境全体を大幅に改善することもできるはずです。

敏感肌の洗顔料選びのポイントと注意点

敏感肌にとって洗顔料選びは大きな悩みの種です。洗顔料の負担で肌に負担がかかってしまうため、ツッパリ間やヒリヒリした感触に悩まされることも少なくないからです。

 

それだけに洗顔料選びではまず敏感肌でも無理なく使用できる低刺激な製品を選ぶことが大前提となります敏感肌で使ってみたい洗顔料

泡が濃密で長持ちする洗顔料がベスト

敏感肌と洗顔料

そんな敏感肌の洗顔料選びのポイントは泡立ちがよいかどうかです。

 

洗顔料そのものの刺激はもちろん、洗う際に指で擦る摩擦の刺激が敏感肌の大きな負担となってしまうため、泡の吸着力で汚れを落としていけるかどうかが鍵となるのです。

 

泡だちがよければ指は軽く触れる程度で済みますから、できるだけ濃密で長持ちする洗顔料を選びましょう。

 

お勧めはクレイを洗浄成分として使用された製品です。

 

これらの成分は濃密な泡を作れるだけでなく粒子が細かく、毛穴の奥にまでしっかり浸透して汚れを除去することができます。

 

乾燥した肌は毛穴の柔軟性が失われていることもあって毛穴の奥の汚れを落としにくい状態になっている点からもこの粒子の細かさが大事なポイントとなります。

雑菌の繁殖と炎症を防ぐ対策も必要

とくに敏感肌はバリア機能が低下しているので毛穴の汚れをエサに雑菌が繁殖して炎症や肌荒れの原因となってしまう恐れがあります。

 

毛穴の汚れの雑菌の繁殖を防ぐための殺菌・抗炎症成分が含まれているかどうかも見ておきましょう。

 

敏感肌はちょっとした刺激に対しても過敏に反応する不安定な肌状態になっているのが大きな特徴です。

 

それだけに汚れを落とすだけでなく雑菌の繁殖と炎症を防ぐための対策も求められます。

 

サリチル酸グリチルリチン酸ジカリウムといった殺菌・抗炎症成分は低刺激で敏感肌でも安心して使用できるのでオススメです。

 

炎症や吹き出物が再発しやすい方はとくにこの点を重視して洗顔料をチェックしていきましょう。

 

敏感肌はシンプルで最小限のスキンケアを心がけることが原則といわれていますが、洗顔料選びではとりわけその点が重要になります。

 

保湿成分などの有効成分はあまり意識せず、とにかく敏感肌に刺激を与えずに汚れをしっかり除去できるかどうかを最優先にして自分の肌に無理なく使用できる洗顔料を選ぶことが大事です。

敏感肌で使ってみたい肌に優しい洗顔料口コミ人気ランキング

 

敏感肌で使ってみたい洗顔料

D.U.O ザ フォーム

@コスメ1位!炭酸濃密泡が肌に負担をかけずに毛穴の黒ずみをすっきりオフ
3,000円・税別/定期初回1,500円(2回目以降20%OFF)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

あきゅらいず 泡石(ほうせき)

高保湿ハーブとシンプル成分で素肌力を高める!低刺激・自然派洗顔料
初回限定お試しセット1,380円・税込(泡石10g・優すくらぶ10g×2本・秀くりーむ10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

Wの泥パワーと豆乳発酵液!汚れや乾燥黒ずみを落として潤いを与える洗顔料
2,980円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!