30代の敏感肌のケア方法とはどのようなものでしょうか?

30代の敏感肌のケア方法はエイジングケアが鍵を握ります。

 

老化をいかに防ぐことができるかどうかで敏感肌の環境も変わってくるといってよいでしょう。

保湿成分の減少を防ぐため直接肌へアプローチ

敏感肌の30代

30歳前後から老化が進行することでバリア機能が低下し、それが敏感肌を悪化させたり、原因となってしまうからです。

 

注意したいのは20代の頃まではとくに敏感肌ではなかったにも関わらず30歳前後から急速に刺激に対して敏感になってしまうケースもあることです。

 

これは老化が深く関わっている肌環境の変化に対して20代の頃に行っていたスキンケアが適さなくなったことも大きな原因のため、これまでのケア方法が適切なものなのか、これからも継続して行い続けていいのかどうかも見直してみる必要があります。

 

まずは老化によってバリア機能の低下がもたらされる要因に直接アプローチするケア方法を取り入れましょう。

 

肌の老化の第一歩は角質層に含まれている保湿成分の減少だと言われています。

 

角質層で水分を保持し、外部からの刺激をブロックしているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が老化の減少によって生成量が増加することでバリア機能が低下してしまうのです。

シチュエーションごとに適した日焼け止めで紫外線カット

ですからスキンケアでこれら減少していく成分をいかにうまく補っていけるかが第一のポイントとなるわけです。

 

その際には成分の配合量はもちろん、浸透しやすいかどうかも詳しくチェックしておきましょう。

 

とくにコラーゲンとヒアルロン酸はもともと分子量が大きくそのままでは浸透しにくいため、低分子化などの技術で浸透性をアップさせる処方が行われているかどうかが重要です。

 

それから日焼け止め対策を適切な方法で行うことも大事な敏感肌ケアのポイントです。

 

繰り返しになりますが、30代になると老化の影響でバリア機能が低下し刺激に対して敏感になっていきます。そのためこれまで使っていた日焼け止めが肌に負担をかけてしまうケースも出てくるのです。

 

20代の頃はしっかり紫外線をカットできる効果の高い日焼け止めが求められましたが、30代になった効果と刺激のバランスを考慮したうえで選ばなければなりません。

 

紫外線を浴びるシチュエーションごとに適した日焼け止めを使い分けるといった工夫を取り入れましょう。

敏感肌で使ってみたい肌に優しい洗顔料口コミ人気ランキング

敏感肌で使ってみたい洗顔料

D.U.O ザ フォーム

@コスメ1位!炭酸濃密泡が肌に負担をかけずに毛穴の黒ずみをすっきりオフ
3,000円・税別/定期初回1,500円(2回目以降20%OFF)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

あきゅらいず 泡石(ほうせき)

高保湿ハーブとシンプル成分で素肌力を高める!低刺激・自然派洗顔料
初回限定お試しセット1,380円・税込(泡石10g・優すくらぶ10g×2本・秀くりーむ10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

Wの泥パワーと豆乳発酵液!汚れや乾燥黒ずみを落として潤いを与える洗顔料
2,980円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!