20代の敏感肌のケア方法とはどのようなものでしょうか?

20代で敏感肌に悩まされている場合には2つの理由が考えられます。

 

まず体質的に敏感肌のケース、それからスキンケアに問題があって刺激に敏感な状態になってしまっているケース。

 

30代以降のように老化が関わってくることがないだけに肌環境を適切に整えていくことがケア方法の大前提となります。

敏感肌体質はスキンケア環境の見直しで肌に負担をかけない

敏感肌の20代

体質的に敏感肌の場合にはまず敏感な肌に負担をかけないようスキンケア環境を徹底的に見直しましょう。

 

洗顔料や美容液はとくに刺激の強い製品を使用して負担をかけてしまっている恐れがあります。

 

そのうえで日々の生活環境で敏感肌をできるだけケアできる方法を取り入れていきます。

 

例えば食生活では皮膚の原材料となるたんぱく質アミノ酸、皮膚の代謝に関わるビタミンB群などを積極的に摂取する、またコラーゲンセラミドを食事やサプリメントで体内に取り入れるといった対策方法が挙げられます。

 

また紫外線対策をしっかり行うことや、衣服が擦れたり、冬場などは乾燥した空気の刺激で肌に負担がかからないよう注意することも大事です。

刺激に敏感な状態には意識そのものを改める

一方スキンケア環境に問題がある場合には先述したように徹底的に見直す必要があるわけですが、その際にはスキンケアに対する意識そのものを改めることも大事です。

 

とくに20代は清潔意識が強いため、どうしても汚れを落とそうと洗顔を一生懸命行ってしまいがちです。

 

その結果バリア機能を維持するための皮脂やセラミドまでも除去されてしまい敏感肌が進行してしまうのです。

 

ですから低刺激のスキンケア製品を使用するのはもちろん、使い方にも注意して適切なケアを行っていきましょう。

 

洗顔の際には指でゴシゴシ擦らない、美容液は適切な用量をオーバーして使いすぎないなど、過剰なケアに陥りがちな年代だけに注意したいところです。

 

もうひとつ、生活習慣との関わりでは敏感肌を悪化させる習慣を改めるのも重要なケア方法です。

 

偏った食生活はもちろん、不規則な生活睡眠不足ストレスの蓄積喫煙といった環境はホルモンバランスの乱れやビタミンCの消費など敏感肌や老化をもたらす原因となります。

 

20代の段階からこうした習慣を改めておかないと30代以降に敏感肌が急速に進行することもあるので心がけておきましょう。

敏感肌で使ってみたい肌に優しい洗顔料口コミ人気ランキング

敏感肌で使ってみたい洗顔料

D.U.O ザ フォーム

@コスメ1位!炭酸濃密泡が肌に負担をかけずに毛穴の黒ずみをすっきりオフ
3,000円・税別/定期初回1,500円(2回目以降20%OFF)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

あきゅらいず 泡石(ほうせき)

高保湿ハーブとシンプル成分で素肌力を高める!低刺激・自然派洗顔料
初回限定お試しセット1,380円・税込(泡石10g・優すくらぶ10g×2本・秀くりーむ10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

Wの泥パワーと豆乳発酵液!汚れや乾燥黒ずみを落として潤いを与える洗顔料
2,980円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!